大学院 Graduate Programs

 

日本の技術を活用した4つの履修課程

現在TNIが提供する大学院課程は、基本的には社会人を対象にした下記の4過程で、TQM、診断、リーン生産方式など、日本の技術を活用した履修課程になっています。

平日勤務の社会人を意識し、授業実施は土日が中心です。大学からの延長で、大学院に通う学生は1年ぐらいで修了しますが、2年半ぐらいかかるのが一般的です。

日系企業の方からは、日本的なビジネスマナー、チームワーク、規律などの基礎訓練、ソフト(マネジメント)技能訓練、さらに個別企業のニーズに応じたミニMBAコース、タイの生産拠点の拡充化に伴う研究・開発コース要員の養成などのご希望を伺っております。今後の需要に応じ、さらなる検討を行う予定です。

大学院履修課程(コース) 略称 英文名称 授業日
工学技術学 MET Engineering Technology 土・日
情報技術学 MIT Information Technology 水・夜間+土または日
革新的工業経営学 MBI Innovation of Business and Industrial Management 土・日
リーン製造システム ・ 物流管理学 LMS Lean Manufacturing System and Logistics Management 土・日
日本語・経営学 MBJ Japanese Business Administration 土・日

 

各履修課程

工学技術学METコース

METは、タイと日本の間の高度な工学技術の移転や共同開発が可能な態勢を整えており、次の3点の1つを選択できます:1)製造における高度なデザインと技術(ADM)、2)エネルギーと環境システム(EES)、3)技術革新と経営(EIM)。

 

情報技術学MITコース

MITはIT業界に働くIT学士取得者並びに他の専攻者を対象に、IT業務をさらに深めることができるように設計されています。MITは、ビジネスと製造業に従事する人に、情報技術を設計、分析、処理、および管理することが可能な知識とスキルを提供します。また履修者は、自己開発能力を向上し、この分野の急激な変化に対応できるようになります。

 

革新的工業経営学MBIコース

MBIは、組織や企業環境を、オペレーション、プロセス、プロジェクト、ユニットの各段階で再編計画や戦略計画を分析することができる有能な企業幹部を養成するように設計されています。また、管理ツール、分析ツール、および 生産管理における問題解決手法、会計と財務などの知識と手法を習い、組織を分析する主要知識と技能である市場管理と人材管理、戦略立案、ホリスティック(総合的)組織経営の知識とスキルを習得します。

 

リーン製造システム ・ 物流管理学LMSコース

LMSは、多文化企業がアセアン共同体成立に理論武装するために東洋と西洋の企業経営スタイルを検討します。特 に組織が競争優位性を維持するための企業の諸機能のうち、 統合および相乗効果を作れるようなビジネス戦略上の意思決定に到達するために組織診断・開発、ベンチャー事業計 画能力を培います。そして総合的な問題解決のための高度な管理手法・技術の応用に重点を置きます。

 

日本語・経営学MBJコース

ビジネス・製造業の経営幹部養成を目的に、事業について明快な全体像を持つことができる一方、分析、診断、戦略計画能力をつけ、組織が事業の競争力をつけ、向上する核となる戦略的行動を実行する能力を養成します。経営能力を高めるだけでなく、日本語でのコミュニケーションと日本企業文化理解と日本企業と取引できる能力に重きを置 きます。

 

履修課程参加者の声

 

ポンデート・デートナティー氏
生産関係コンサルタント
(MET)

TNIを選んだのは、自分の学んだことの延長で、先生も日本での実務経験も踏まえた指導など、実際行動に移せる魅力ある内容から。

 

ソンポーン・チャンテート氏
TTCモーター社代表
(EEM)

タイ日技術移転・発展で有名なTPAの支援があり、私の事業の自動車産業の成功事例を日本経験豊かな講師から教えてもらい、今後の指針・方向性を確認したかった。

 

 

 


facebook